本文へスキップ

あえるし〜倶楽部は、心とKokoroでつなぐココロ的文化サイトです。

TOPWhat's New.>”ふぁるべ”頭の才能開花体操・磐田市観光協会・「2017磐田歴史検定」磐田の歴史を調べて応募しよう・情報

   「2017磐田歴史検定」磐田の歴史を調べて応募しよう まとめ情報
応募締め切り日 | 応募先(宛先) | 内容 | 問合先 | 関連記事・サイト | おまけの情報

 ”ふぁるべ”頭の才能開花体操
「2017磐田歴史検定」磐田の歴史を調べて応募しよう 情報

  • 「2017磐田歴史検定」磐田の歴史を調べて応募しよう
  • どんな内容なの?
  • 「2017磐田歴史検定」は、磐田の歴史を調べて、締め切り日までに応募する。優秀者には、賞状と副賞としてしっぺいグッズが授与される。磐田市は史蹟・遺跡の宝庫なので、これをチャンスに磐田の歴史を調べて応募してみよう。
  • 問題はどこでもらえるの?
  • 問題は、応募用紙に全75問ある。この問題の書いてある応募用紙がもらえるところは、
    磐田市観光協会、磐田市立図書館(市内 5ケ所)、磐田市内の各交流センタほか、ホームページからダウンロードもできる。

  • 応募締め切り日は?
  • 応募締め切り日は:平成29年 9月30日(土)必着
    以下の住所に、封筒に、解答用紙と参加費120円切手を同封して郵送するか、磐田市観光協会まで直接持参(持参の場合は現金可)。
  • 〒438-0078 磐田市中泉一丁目1-5 
    磐田市観光協会「2017磐田歴史検定」係
     
  • 応募用紙の問題の訂正などの新しい情報が告知されているので、公式ページの「2017磐田歴史検定」を時々チェックするか「2017磐田歴史検定」係で確認してね。
     「2017磐田歴史検定」公式ページへ ⇒ クリック   

     「2017磐田歴史検定」磐田の歴史を調べて応募しよう 







   「2017磐田歴史検定」磐田の歴史を調べて応募しよう まとめ情報
応募締め切り日 | 応募先(宛先) | 内容 | 問合先 | 関連記事・サイト | おまけの情報


”ふぁるべ”頭の才能開花体操
「2017磐田歴史検定」
磐田の歴史を調べて応募しよう まとめ情報
 ( 最新情報は公式ページ・問合せ先にてご確認下さい。⇒ 公式サイト )
応募締め切り日 平成29年 9月30日(土)必着
封筒(解答用紙と参加費120円切手同封)にて郵送するか、磐田市観光協会まで直接持参(持参の場合は現金可)。
応募先(宛先) 〒438-0078 磐田市中泉一丁目1-5 
磐田市観光協会「2017磐田歴史検定」係
応募用紙(問題)
配布場所
磐田市観光協会 0538 33 1222
438-0078 磐田市中泉一丁目1-5
磐田市立中央図書館 0538-32-5254
438-0086 磐田市見付3599-5
磐田市立福田図書館 0538-58-3300
437-1203 磐田市福田1552-1
磐田市立竜洋図書館 0538-66-7788
438-0231 磐田市豊岡6605-3
磐田市立豊田図書館 0538-36-1711
438-0831 磐田市上新屋304
磐田市立豊岡図書館 0539-62-3210
438-0195 磐田市下野部48
磐田市内各交流センタ 磐田市役所施設ガイド > 交流センタ ⇒ クリック
「2017磐田歴史検定」お知らせページ 応募用紙(問題)ダウンロード ⇒ クリック
検定問題の訂正箇所なども、ここでチェック。もしくは、係に電話して最新情報を要確認。
問題数 全75問
認定基準
一級 70点以上
二級 65点以上
三級 60点以上
四級 55点以上
※ 一級〜四級には、10月末までに認定証 送付。
表彰 優秀者上位 5名までは表彰式を行い、磐田市観光協会より賞状と副賞(しっぺいグッズ)を授与。
主催 磐田市観光協会
内容 「2017磐田歴史検定」は、磐田の歴史を調べて、締め切り日までに、解答用紙と参加費120円切手を添えて応募する。優秀者には、賞状と副賞としてしっぺいグッズが授与される。
問合先 TEL/FAX 0538 33 1222
磐田市観光協会「2017磐田歴史検定」係
〒438-0078 磐田市中泉一丁目1-5
(磐田駅北口観光案内所内)
※休業日:月曜日(月曜祝日の場合はその翌日)  


   「2017磐田歴史検定」磐田の歴史を調べて応募しよう まとめ情報
応募締め切り日 | 応募先(宛先) | 内容 | 問合先 | 関連記事・サイト | おまけの情報






 参考情報




◆関連記事・サイト


 おまけの情報

  •  磐田は、遠江国の国府や国分寺が置かれた。
  •  大久保家は代々、遠江国の惣社・淡海国玉神社神官の家系。
  •  幕末には国学の学び舎・私塾を開き、多くの若者を育てる。
     神官の大久保忠尚と息子春野は、遠州地域の神官をまとめ、報国隊を結成。
  •  国指定史跡の旧見付学校と磐田文庫が知られている。
  •  遠江国分寺は、奈良時代に全国に造られた国分寺のひとつ。
  •  東大寺を模した七堂伽藍を備えていることで有名なのだ。
  •  天平13年(741年)、諸国に国分寺と国分尼寺を建立するよう詔が出され、遠江国分寺の建立が始まる。
       このときの「国分寺建立の詔」はどんなものか。武蔵国分寺跡資料館解説シートが参考になる。
  •  遠江国分寺の詳しい創建年代は不明。
  •  遠江国分寺跡は1951年(昭和26)に発掘、国指定特別史跡に指定。
  •  磐田市内の古代の寺院や役所の遺跡がおおく分布している。
  •  遠江国府・遠江国分寺・遠江国分尼寺・大宝院廃寺・府八幡宮・天御子神社など。


   「2017磐田歴史検定」磐田の歴史を調べて応募しよう まとめ情報
応募締め切り日 | 応募先(宛先) | 内容 | 問合先 | 関連記事・サイト | おまけの情報

バナースペース



Historie☆彡










参考: 金・白金相場